横浜市の黒田歯科医院
審美歯科専門サイト HOME>歯科医院の選び方(審美歯科)


歯科医院の選び方(審美歯科)

医院を選ぶ時のPOINT
治療前に十分な治療の説明をしてくれるか?(インフォームドコンセント)

説明を行わずに、治療を始めることは、審美歯科に限らず、あらゆる医療において許されません。歯科医師は患者さんが治療に対して、十分納得してから始めるように努力する必要があります。
治療費に関しても、治療前に見積もり書を発行してくれる医院を選びましょう。

カウンセリングを実際に治療を行う歯科医師が行っているか?

カウンセリングは、審美歯科における最初のステップです。患者さんの持っている悩みや希望は、人それぞれです。それを理解し、治療の相談を行うためには、 審美歯科の詳細な知識が必要です。ですから、実際に治療を行う歯科医師が、カウンセリングを行うことがやはりベストではないでしょうか?

歯科医師が十分な審美歯科の知識と経験を持っているか?

審美歯科の治療では、歯科における総合的な知識と技術が必要となってきます。そして、審美歯科と言っても、見せかけの治療ではなく、歯科医学を基礎とした しっかりとした治療を行う必要があります。当然、基本的な虫歯や歯周病治療も必要ですし、より高度な技術や知識を要します。しっかりHPに症例や実績・経験がある医院を選びましょう。

治療後のアフターケア、保証制度があるか?

審美歯科治療を行った後に、定期的に検診してもらいクリーニングを受けることは、長期に渡り歯を美しく健康に保っていくためには、必要不可欠なことです。治療後も、アフターケアによりメインテナンスをしてくれる医院であることが重要です。
また、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどが、治療後早期(3年くらいまで)に取れたり壊れたりした際に、無料で治してくれるかどうか、保証制度などがあるか確認しましょう。

治療時間を十分にとってくれるか?

審美歯科の治療にかぎらず、歯の治療は、簡単なものではありません。セラミック治療では、歯を削ったり、歯型をとったりしますが、ミクロン単位で行う必要 があります。患者さんに不快感を与えずに、お口の中の、狭くて唾液などで濡れている中で、繊細な作業をするのですから、時間がかかるのは当たり前です。
例えば、6本のセラミックの歯型をとる際には、2時間くらい必要となります。

治療中の痛みや、不安に配慮し、丁寧な治療を行ってくれるか?

歯医者というと、“痛い、怖い”ということを、まず第一に連想する方が結構いらっしゃいます。 しかし、現在では、麻酔も痛くなくできますし、麻酔が効いていれば、その後の治療はまったく痛くないはずです。
ただし、患者さんの痛みや不安を考慮して、丁寧な治療を行える歯科医師でなければ、期待できないでしょう。治療結果はもちろん大事ですが、快適に治療を受けられるかどうかも、患者さんにとっては大きなことだと思います。

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。