横浜市の黒田歯科医院
審美歯科専門サイト HOME>審美歯科のメリット・デメリット


審美歯科のメリット・デメリット

審美歯科のメリット
審美歯科先進国のアメリカでは、多くの人が審美歯科の治療を受けています。

歯のホワイトニングは身だしなみの一つとされています。
ホワイトニングは日本では「特別なコト」と考えられガチですが、海外ではホワイトニングは特別な事ではなく「みだしなみ」の一つとして考えれています。

笑顔は人に大きな印象を与えます。

口元にコンプレックスをがあると、人前でなかなか自然な笑顔を作れません。
美しい口元は自信を与え、気持ちを前向きにさせてくれます。

審美歯科は美しい歯や歯肉を作るばかりではなく美しい笑顔を作り、精神的にも大きな恩恵をもたらしてくれます。
美しい笑顔を手に入れ自分の笑顔に自信を持つことは、人生をより豊かにし、可能性を広げてくれるでしょう。

審美歯科のデメリット

大きくは下記の2つが考えられます。

1回の施術で完全に終わるわけではない。

ホワイトニングは1回の施術で終了しません。歯科医院(デンタル)でオフィスホワイトニングを行い、一気に歯が白くなりますが、そのまま放っておくと3~6ヶ月で色が落ち始めます。さらに放っておくと元の色に戻ってしまいますから、白い歯を維持したいのであれば色落ちが目だつ前にタッチアップホワイトニングを行わなければならないのです。タッチアップはもちろん料金を必要としますが、最初のホワイトニングに比べて格安です。ヘアカラーが色落ちするように歯のホワイトニングも維持が必要となるわけです。

人工の歯にはホワイトニング効果はない。

人工の歯や薬品等による変色が著しい歯をお持ちの方はホワイトニングの効果を最大限に引き出すというのは難しくなるのも現実です。むやみにホワイト ニング治療に申し込むのではなく担当医と十分話し合った上で慎重に決定するようにしましょう。

ホワイトニングのデメリット

ホワイトニングは1回の施術では終了しません。
歯科医院でオフィスホワイトニングを行うと、一気に歯が白くなりますが、そのまま放っておくと3~6ヶ月で色が落ち始めます。
さらにそのままにしておくと、元の色に戻ってしまいます。
白い歯を維持したいのであれば、色落ちが目立つ前にタッチアップホワイトニングを行う必要があります。
タッチアップはもちろん料金がかかりますが、最初のホワイトニングと比較すると格安です。
ヘアカラーが色落ちするように歯のホワイトニングも維持が必要になります。
また、人工の歯や薬品などによる変色が激しい歯の人は、ホワイトニングの効果を最大限に引き出すということは難しいのも現実です。
安直にホワイトニングを申し込むのではなく、担当医と十分検討したうえで慎重に施術を受けるようにしましょう。

ホワイトニングのメリット

白い歯を手に入れることができる、ということがホワイトニングの一番のメリットです。
歯が変色しているために、なんとなく自分に自信が持てない人、歯を見せて思い切り笑うことができない人にとっては明るい自分になれる良いチャンスです。
具体的には以下の点が優れていると言えます。

  • 歯を削ることなく施術が可能です。
  • 色調や明度を調節することが可能です。
  • 長期間にわたり、器具を装着することがないので2次的な虫歯になりません。
  • 短時間で、何度も施術が可能です。
  • セラミックの差し歯などと比較すると経済的に安く済みます。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。